離婚

離婚の手続

 当事者同士の話し合いによって離婚の条件がまとまらなかった場合は,まず調停を申し立てる必要があります。調停でもまとまらなかった場合は,訴訟になります。

もっと詳しく・・・

親権・養育費

 離婚にあたっては,お子さんの親権者を決めなければいけません。お子さんを養育することになった方は,養育に必要な費用を相手に請求することができます。

もっと詳しく・・・

財産分与

 婚姻期間中に夫婦が協力して築いた財産は,離婚の際,分配することになります。専業主婦で,専ら夫の収入に頼って生活してきた場合でも,請求できる場合があります。

もっと詳しく・・・


慰謝料

 不貞や暴力など,離婚の原因が相手にある場合には,慰謝料を請求することができます。

もっと詳しく・・・

婚姻費用

 離婚が成立するまでの間,それぞれの収入に応じて生活費を負担する義務があります。相手の方が収入が多い場合には,一定額を払ってもらうことができます。

もっと詳しく・・・

その他

 離婚原因が相手の不貞(浮気)にあったような場合には,その不貞相手に対しても慰謝料請求ができる場合があります。

もっと詳しく・・・


交通事故

手続

 相手との交渉で解決できる場合もありますが,話し合いがつかない場合には,調停や訴訟などの法的手続をとることになります。

損害賠償請求(人身)

 交通事故で怪我をした場合には,治療費や,後遺症に関する損害の賠償を請求することができます。

損害賠償請求(物損)

 車の修理費や代車の費用を請求することができます。


借金

任意整理

 裁判所を通さずに業者と交渉します。払いすぎていた利息を精算し,支払期間を延ばすなどして,無理なく支払える条件に変更してもらう方法です。

破産

 破産法で認められた方法です。財産を処分して債権者に配当し,それでも残ってしまった債務は、免除を受けることができます(借金をした理由によって、免除を受けられない場合があります)。

個人再生

 民事再生法で認められた方法で,一定の条件を満たして裁判所の認可を受けることができれば,債務の一部を分割返済することにより,残りは免除を受けることができます。


労働

残業代の未払

 残業したのに残業代を払ってもらえない・・・いわゆるサービス残業の場合など,会社に対して,払ってもらえなかった残業代を請求できる場合があります。

不当解雇

 正当な理由なくして解雇された場合には,会社に対し,社員としての地位の確認を求めたり,損害賠償を請求できる場合があります。

セクハラ・パワハラ

 職場でのセクシャルハラスメント,パワーハラスメントに対しては,その相手と会社に対し,損害賠償を請求することができる場合があります。


医療過誤

 手術の手技の失敗や見落し,病院がやるべきことをやらなかった場合など、いわゆる医療ミスがあった場合に,病院に対して,損害賠償を請求できることがあります。

 

各種裁判手続

民事調停

 裁判ではなく,裁判所の仲介による相手方との話し合いで,紛争を解決する手続です。

少額訴訟

 請求が少額の場合に,より簡単な手続で裁判をすることができます。


法律文書(契約書・示談書など)の作成・内容確認

 契約書や示談書の内容を,法律の専門家の視点でチェックします。

会社の法務

取引先との契約書の確認や、取引先とのトラブル、従業員とのトラブルなどの対応方法を助言します。場合によっては、ご依頼を受けて会社に代わって交渉をします。

また、会社の業務というものは継続的です。毎回、会社の業務内容を初めから弁護士に説明することはお互いに大変なことです。困ったときにすぐ相談できるパートナーが「顧問」です。

その他

 上記以外にも,弁護士に相談してみたいと思ったことは何でもご相談ください。意外にも、法律相談ではないと思っていたものが、実は、弁護士に相談すべき法律相談だったということがあります。

弁護士法人

パークフロント法律事務所


011-641-6161

ご予約はお電話で

平日9:00~17:30


1本の電話から

解決の糸口が

 見つかることがあります。

メールでのご予約も 

受け付けています。

コチラからどうぞ!

  地下鉄東西線西28丁目駅の3番出口を出て右手に進み,最初の交差点を右折,「神宮温泉」さんの次の次の角を右折すると,左手に見えます(3階建てで,黄色の壁とピエロが目印です)。

ニセコ事務所の営業日

2018.10営業日.pdf
PDFファイル 150.5 KB

Twitter

Links

札幌弁護士会

札幌弁護士会法律相談センター

法テラス札幌(日本司法支援センター札幌事務所)

アトリエまつげ 

 当ホームページのイラストを制作していただいたアトリエまつげさんのホームページです。