家庭裁判所の調停で同席を求められることがあります!

 家庭裁判所の調停について,弁護士会から注意喚起がありました。

 家庭裁判所の調停は,当事者双方から別々に話を聞いて,調停委員が調整するという方法で話し合いが進められます。原則として,当事者が直接顔を合わせて話し合いをするということはありません。

 ところが,相手方と全く顔を合わせないで済むかというと,最近は,調停が始まる前に,当事者双方を同席させて手続の説明をするということが行われています。当事者双方に同じ説明を同時にすることで,調停委員の公平性を納得してもらうということのようですが,どうしても顔を合わせたくないという方はいらっしゃるのではないでしょうか。私は,多くの場合,同席での説明はお断りしています。

 同席して手続の説明を受けることは,法律上義務づけられているわけではありませんので,弁護士がついていなくても,拒否することは可能です。ただでさえ緊張する裁判所で,調停委員から「裁判官から説明があります」と言われると,きっぱり拒否するのは難しいと思いますが,同席を望まないのであれば,裁判所にはっきりと申し出ることが必要です。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

弁護士法人

パークフロント法律事務所


011-641-6161

ご予約はお電話で

平日9:00~17:30


1本の電話から

解決の糸口が

 見つかることがあります。

メールでのご予約も 

受け付けています。

コチラからどうぞ!

  地下鉄東西線西28丁目駅の3番出口を出て右手に進み,最初の交差点を右折,「神宮温泉」さんの次の次の角を右折すると,左手に見えます(3階建てで,黄色の壁とピエロが目印です)。

ニセコ事務所の営業日

2018.12営業日.pdf
PDFファイル 261.0 KB

Twitter

Links

札幌弁護士会

札幌弁護士会法律相談センター

法テラス札幌(日本司法支援センター札幌事務所)

アトリエまつげ 

 当ホームページのイラストを制作していただいたアトリエまつげさんのホームページです。